九州産業大学

国際交流センター Center for International Affairs

重要な公的手続き

在留資格に関する手続き

在留資格に関する手続きについては、みなさん自身が入国管理局で手続きを行う必要があります。手続きに必要な書類は国際交流センターにあります。

手続き必要書類手数料参考URL
在留期間の更新
※在留期限の3ヶ月前から申請可能
1.申請書(2種類)
 (1)申請人が作成したもの
 (2)所属機関(大学)が作成したもの
 ※国際交流センターに申請してください。
2.在学証明書
3.成績証明書
4.在留中の一切の経費の支払能力を
  証明する資料(預金通帳など)
5.旅券(パスポート)
6.在留カード
7.国民健康保険証
4,000円法務省:在留期間更新許可申請
資格外活動許可1.申請書
2.在留カード
3.旅券(パスポート)
無料法務省:資格外活動許可申請
再入国許可1.申請書
2.在留カード
3.旅券(パスポート)
※ただし、「みなし再入国許可」を利用する場合は不要。
3,000円法務省:再入国許可申請
法務省:みなし再入国許可

「特定活動」ビザへの変更
※大学等を卒業した留学生が、卒業後、「就職活動」を行うことを希望する場合
国際交流センターへご相談ください。無料
法務省:特定活動

国民健康保険

国民健康保険は、留学生のみなさんが病気やけがをして医療機関に行った時、国民健康保険(以下「国保」)の保険証を提示すれば、医療費総額のうち30%を支払うだけで治療を受けることができる医療保険制度です。

なお、3ヶ月以上日本に滞在する予定で、居住する市区町村役所で住民登録をした留学生はすべて国保への加入が義務づけられています。また、自分の意思により、任意に脱退することはできません。

手続き窓口必要書類注意事項
居住している市役所の国民健康保険課もしくは区役所年金課・パスポート
・在留カード
居住する市あるいは区が変更となる際には、下記の転入手続きと合わせて、国民健康保険についても手続きを行ってください。