九州産業大学

国際交流センター Center for International Affairs

GLPとは

Grobal Leadership Programは本学の創立60周年記念事業の一環として企業や社会のグローバル化に対応できる幅広い視野を持ち、国際社会の最前線で活躍する学生の育成を目的として、2020年度からスタートした本学全学部学生のための特別教育プログラムです。プログラムは約2年間で、国際的課題に強い興味を持ち、高い英語力と意欲を備えた学生を対象としています。

01.KSU GLP とは What is GLP?

【1年次】幅広い教養と実践的な英語力を身につける
【2年次前学期】2年次前学期終了後選考試験を実施
【2年次後学期】国際的教養と知識を身につけ、グローバル化した世界が抱える様々な課題について探求する
【3年次】国際社会で協働するための行動力・実践力を身につける
【4年次】GLP集大成、各自の研究テーマを発表
⇒GLP認定書交付 国際機関やグローバルに展開する企業で活躍

 

02.KSU GLP の強み KSU GLP strengths

① 国際経験豊富な担当講師陣の持つネットワークの最大活用
② 国際的な企業家や専門家との交流
③ 海外プログラム等(GLPⅢ・Ⅳ・Ⅴ)に係る渡航費用の一部補助

03.身につく能力 Abilities to acquire

① リーダーシップに必要な思考法やコミュニケーションスキル、および実践的な英語力
② 国際的な課題への問題意識と理解
③ 実践的なチームワークやプロジェクト・マネジメント能力

04.将来の進路 Future paths

GLP修了生は、自身の専門性に加え、グローバルコンピテンシー(世界で活躍するための必要な能力)や柔軟なリーダーシップを身につけるので、卒業後には、国際機関やグローバルに展開する企業で活躍するキャリアが期待されます。

 

 

詳しい活動内容はこちらをご覧ください。