九州産業大学

国際交流センター Center for International Affairs

黒水汐香さん

ビジョンを明確に、目的意識を持って!

関光汽船株式会社 (平成28年度 国際文化学部臨床心理学科卒)

黒水汐香さん

  • 留学スタイル 派遣留学生
  • 留学先  東国大学校(韓国)
  • 留学期間 2014年8月〜2015年3月

就職活動について教えてください。

当初、海外に関わりたいと思い、物流や貿易関係にしようかなと考えていただけで、業種などは特定していませんでした。ただ、留学して、日本製品の素晴らしさに改めて気づき、日本の素晴らしい商品を海外に届ける仕事をしたいと強く考えるようになり、物流方面で就職活動を行いました。

就職活動中は、留学のことをどうアピールしましたか?

面接の際には、語学力だけでなく、海外生活で身に付けた対応力や忍耐力についてもアピールしました。

留学しようと思ったきっかけを教えてください。

高校の時にK-POPに興味を持ったこと、そしてK-POPアーティストが来日した際に流暢な日本語を話しているところを見て、政治的な面とは違う韓国を知り、行ってみたいと考えるようになりました。九産大に入り、留学生と交流する中で、いろんな考え方に触れる機会があり、その考え方を、実際に現地で体感したいと考え留学を決意しました。

東国大学校での留学はどうでしたか?

語学堂という語学中心の留学生クラスだけでなく、大学の学部の正規授業にも参加したのですが、特に現地学生の勉強への姿勢には驚かされ、とても刺激を受けました。背景にある韓国の厳しい就職状況などが関係していることを目の当たりにしましたね。

私は韓国語を学ぶ中で、特に発音については、自身の福岡弁のイントネーションが影響して、結果、釜山で使われる韓国語のようだと先生から言われ、直すことが大変でした。ソウルで学ぶからには、標準語の韓国語が学びたかったので、最初は何がどうおかしいのかが分からず、悩んでいましたが、釜山に行って自分で確かめてみようと思い立ち、釜山へ。自分のイントネーションがどのように違うのか、実際に確認し、納得した上で、ソウルに戻り、先生と改善するように努めました。

語学力上達のために工夫したことを教えてください。

渡航前は大学の授業、教材CDを聞いたりしていました。K-popやドラマ、忠南大学校の友人からのメッセージを理解したいという目的があったこともあり、勉強することが楽しくなりました。留学中は、現地でできた友人と遊びに行ったり、日本人学生と話す時も韓国語を徹底することで、スピーキング力も付き、週1回、学内の韓国語を教えてくれるサークルに参加することにより、リーディング、ライティング力を付けるために努力しました。

今後の抱負を教えてください。

日本と海外を繋ぐ仕事なので、日本の物をより多くの国に知っていただけるよう、留学で培った語学力も活かしながら、架け橋として役に立ちたいです。入社後は、仕事の幅を広げるために、通関士という国家資格を取得できるよう、日々勉強を続けたいです。

 後輩へのメッセージをお願いします。

留学は語学力だけでは行けるものではありません。その国で何をしたいのか、どんな自分になりたいかという、ビジョンを明確にしないと、意味がありません。留学を考えている学生の皆さんも、しっかりとした目標意識を持ち、語学力も共に伸ばしながら、夢を叶えることができればいいなと思います。

よくヒーリングしに行っていた、漢江(ハンガン)です。

東国大学校の大学祭にて、日本、韓国の学生たちと食事をしながら語り合いました

ソウルにある魚市場、ノリャンジン市場でおろしたての魚を食べました

留学経験者インタビュー